So-net無料ブログ作成
検索選択

ベストな選択 [日記]

久しぶりに中学時代からの友達とランチに行ってきました。

友達の中では一番長い友達ですね。
お互い結婚してそれぞれの道でがんばってますが
昔話もたくさんの思い出を共有してるので、かなり盛り上がります。

彼女がすごく落ち込んでたので、今回は励ましたいと思い会ったんですが
なかなか、大変な中で暮らしてるなと、結婚はほんと難しいなとつくづく思いました。

彼女は20代後半で結婚したんですが、旦那さんとの出会いの場に
私もいましたし、よく覚えています。

傍目からは一流企業のイケメンな旦那さんで、
恋愛してる時代は、相当2人がラブラブなのを見てるんですが
これが、10年以上の月日を経ると、やっぱり関係性は大いに変わってしまうんですよね。

結婚後数年たったあたりから、旦那が横暴でモラハラもひどいとよく言ってましたが、
まあ片方だけの意見だけでは、なかなかわからないものもあります。
でも、話を聞いてる限り、それはひどいと、言わざる得ない感じ。
お互いの親が絡んでますので、非常にやっかいです。

2人の子供の前で仲良くできないことに対しても悩んでましたし、もう限界となったときに
天が味方し(?)旦那さんは転勤で単身赴任したのでした。

万々歳で喜んでたのもつかの間、また遠隔から旦那さんの攻撃があるようなんですよね。
ほんと、それぞれみんな因縁みたいなもの背負ってますので、
その部分が発動してると一筋縄ではいかないですよね。

最近わたしがよく読んでる本で、良さそうな本があったので
その本を渡しました。少しでも元気になってくれればいいのですが。

東京タラレバ娘」じゃないけど、
彼女が「旦那と結婚したのは失敗だった、やっぱりその前に付き合ってた
彼にしてれば良かった」と嘆いていました。

人って、別の道選んでたら、ってやっぱり思いたくなる生き物なんですよね。
でも、その時その時、みんなベストな選択をしてるんだと思います。

12711.jpg



スポンサーリンク






タグ:恋愛 結婚

恋愛成就の秘訣 [日記]

親との関係は社会で関わってくるすべての関係性の基本になると言われています。

そして恋愛関係も当然ながら「自分の親との関係」に深いつながりがあります。

カナダ、アルバータ大学准教授が行った調査で、「青年期の頃の父母との関係は、
大人になった今の恋愛関係に深い影響を与えている」という研究結果があります。

「青年期の頃に親子関係が良好だと、大人になって付き合うパートナーとの関係も質が高い」
という結果も出たそうです。
反対に親子関係に問題があれば、恋愛関係にも問題があるケースが多いそうです。

現代の複雑な家庭環境でそんな良好な親子関係保っている人たちで何割いるのかと
思ってしまいますが、間違いなく因果関係はあるように感じます。

また、青年期の親子関係が良好なほど、学生時代に高い自尊心を生むようで
「自尊心が育まれる親子関係だった人は、恋愛関係も上手くいっているケースが多かった」
という研究データもあるそうです。

自尊心が恋愛関係に深く影響しているのはすごくわかります。
親子関係って自尊心にまで、影響を及ぼすのですね。

こうなってくると、親がちゃんと育ててくれなかったからだ、良好な関係を築いて
くれなかったからだ、と不満も思いたくもなりそうですが
親もまた、その親から同じような育てられ方をしていたり、負の連鎖の犠牲者だったりしますので
責めるのもまた哀しいものがあります。

ジョンソン准教授は「両親との関係が上手くいかなかったことを理解し、
今後の人間関係でそのパターンを繰り返さないことが、恋人との関係を良好にする秘訣になる」
と言ってます。

未婚・既婚関わらず、パートナーとの関係を良好なものとするためには、
まずは、自分が青年期からどんなパターンを持っているのか認識すること、
そして、過去からの自分を癒していく必要があるのですね。

lgf01a201305071400.jpg



スポンサーリンク






タグ:恋愛 成就

綾の物語 [ドラマ]

東京カレンダーの物語が水川あさみ主演でamazonドラマになってますね。
時々読んでたので、改めて映像化されたのを見るととても面白かったです。

tokyo.jpg

◎東京女子図鑑◎
「主人公・綾(水川あさみ)が23歳で上京してから40歳になるまで、
東京だからこその価値観や事象に翻弄されながらも強く生きる女性の人生模様を、
その時々に暮らす街を背景に恋に仕事に、悩みつつも成長していく過程を描く」

「人から羨ましがられるような人になりたい」という願いを胸に上京する綾の話。
アパレル会社、プラダのPRマネージャー、と仕事の面でもステップアップしていく綾ですが、
恋愛面でも、普通な彼氏よりも、ハイスペックな彼氏との結婚を手に入れるべく奮闘します。

ここで東京の価値観(?)が出てくるのですが、いわゆる「プロ彼女」の
「港区育ちの読者モデルのお嬢様」にハイスペック彼氏を横取りされたりします。

この話で「港区」という土地がいかに特殊でセレブな土地であるか、
という描写がけっこうあります。

綾は物語でこの「港区」住民の弁護士とデートするのですが、
「あなたは港区育ちじゃないので、結婚はできません」などと言われてしまいます。
「港区は港区同士で結婚するんです。あなたに苦労させたくないから」と。

tokyo2.jpg

こんなこと言われたら、本当にびっくりしますよね。
確かに間違ってこんな土地の家に一般人が嫁いだら、大変なことになるだろうから、
この弁護士さんのいうことは、正しいんだろうなぁとも思います。

最終回でも、まだまだ終わらないイメージの綾の物語でしたが、
より地位の高い仕事や結婚など、ほしいものを手に入れるために、果敢に挑戦し
手に入れていく綾は、すごい行動力の持ち主だと思いました。
何事も目標を定めたら、あとは行動あるのみですね。


スポンサーリンク






男女のバランス [結婚生活]

嵐・櫻井翔さんとアナウンサー小川彩佳さんの熱愛交際報道やってましたね。

小川アナはニュースキャスターとしてテレビで見てるくらいで
どんな方なのか知りませんでしたが、やっぱりお嬢様だったんですね。

ogawa.jpg

父親が慶応大学の医学部教授で慶大病院の診療部長なので、
慶大卒の櫻井さんとはつながりもあるとか・・・

実際のところはどうか知りませんが、
傍から見てるとお似合いで、バランスの取れたカップルに見えますよね。

結婚を続けるためには、本当に、自分に合った相手、「パワーバランス」のとれた相手
というのが、お互いにとってベストなんじゃないかと思います。

恋愛中は一緒に暮らしてないので上手くいきそうでも、パワーバランスが悪いと、
その後の結婚生活で、片方は偉そうになり、ワガママでやりたい放題になったり、

そのまた片方は、自分らしく振る舞えずに、相手の顔色を伺う毎日だったら
そんな結婚生活を続けるのは、大変ですよね。

行き過ぎれば、DVやモラハラ(精神的DV)、浮気にだって発展しかねないです。

見極めが難しいですが、バランスのとれた相手を選ぶことは、
結果的には自分を大切にすることになると思います。


194e128f1a3d8b2d865663473b9ba538_s.jpg


スポンサーリンク






冷えないコーヒー [日記]

寒い2月がやっと終わりましたね。
とはいえ、まだまだ3月も肌寒いので、冷えには要注意です。

一般的にコーヒーは体を冷やすので、あまり何杯も飲まない方がいいんですが
コーヒー味なのに体を冷やさない「チコリコーヒー」を見つけました!

tikoci.jpg

体の冷えが気になるくせに、コーヒーばかり飲んでしまう私にとってぴったりでした。

チコリの根の部分を乾燥・焙煎して作られているので、ノンカフェインだし、
大量に食物繊維とオリゴ糖が含まれています。

また、肝機能を促進、脾臓や胆のう、腎臓などの臓器を浄化するともいわれています。
ヨーロッパでは健康維持美容に広く利用されているとか。

キャラメルフレーバーもあるんですが、スタバのキャラメルマキアートに似てるかも。
コーヒー好きだけど冷えが気になる方におすすめです。


スポンサーリンク






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。